露子と新太郎

露子と新太郎  第23話  最終話

露子と新太郎  第23話  最終話

 今夜も鈴虫の音が聴こえる。夏も、もう終わりだ。蒸し暑い表とは違い家の中はクーラーが効いていて過ごしやすくなっている。冷えすぎは良くないが、このぐらいなら良いだろうと思う。
 そんな部屋に「りりりり」「りりりり」と鈴虫のような音が鳴り響いている。すると仏壇の中から白い煙のようなものが出て来て、段々人の形になって行く。そして、それは露ちゃんの姿となった。
 露ちゃんは今夜も自分の娘を抱きに降りて来たのだ。毎晩とは言わないが、このところ回数が多くなってきた。
 わたしも美香も慣れっこになってしまったが、これは凄い事なんだと段々判って来たのだ。
  だって露ちゃんの魂は四十九日も過ぎたのであの世に昇天しているはずなのだ。そのあの世の世界から一々やって来るのは大変だと思うのだが、実際の所は良く 判らない。具現化した露ちゃんは基本的に話さないし、消える時にわたしや美香の心に「宜しくお願いします」と伝えて消えてしまうのだ。だから実際は判って いない。
 そんなことが起きてる時期に美香が
「ねえ、麗子さん。今のままだと何か不安定な感じがして露子も安心出来ないんじゃないかな……例えばなんだけど、誰かが正式な知世ちゃんのお母さんになってあげるとかしないと安心出来ないんじゃないかな」
 高校生とは思えない大人の考えだと思う。更に
「わたしはもうすぐ結婚出来る歳になるけど、黒川くんは来年にならないと出来ないしねえ……」
 美香ちゃんよ、あんた何考えているのよ。本当にこの子高校生なのかしら? と思わず言いそうになった。
「わたしが正式なお母さんになるしか、ないのかな。きっとそうだよね、露ちゃんもそれを望んでいるんじゃないのかな?」
 この前から考えていた選択肢のひとつと思っていた。それを聴いた美香は
「でも、新太郎さんに愛情なんてあるの?」
 そう言ってわたしの考えに疑問を挟む。それに対してわたしは
「ねえ、美香ちゃん。日本には昔から『人には添うて見よ馬には乗って見よ』という諺があるのよ。そりゃ男性として、というより夫としての愛情はないかも知れないけれど、友情なら沢山あるわ。それこそ溢れるぐらいにね」
「でも、麗子さんはそれでいいの? こんなに綺麗なのに……誰か素敵な人が現れるかも知れないのに……」
 美香ちゃんはどうしても納得出来ないみたいだ。わたしも完全に決めた訳じゃないし、それよりも新太郎がなんて言うかだけど……
「案外、新太郎が誰か連れて来たりしてね」
「そんなことしたら、わたしが知世ちゃんを連れ出すわ」
 どうやら美香は愛情のない結婚は許せないらしい。
 知世ちゃんを抱きかかえてミルクを飲ませる。この子の母親にわたしはなれるだろうかと、あどけない知世ちゃんの顔を眺めながら思うのだった。 続きを読む

露子と新太郎  第22話

露子と新太郎  第22話

 露ちゃんの遺骨がお釜から出されて来た。参列者全員で箸で摘んで遺骨を骨壷に入れて行く。露ちゃんは言わば健康体で亡くなったし妊娠していたとは言え若いから骨が太かった。
『ああ、露ちゃんって華奢な感じがしたけれど、結構骨が太かったのだと思う。わたしも今死んだらこのぐらいの骨は残せるのかな?』などと考えた。
  途中で入り切らなくなり係の人が「入り切れないので潰させて戴きます」と言って、露ちゃんの骨が潰されて行く。わたしはそれを見ながら『ちゃんとした形で 残せば帰って来た時に使えるかも知れないのに、勿体無いな』と思っていた。そうしたら美香が「あれ、残せば使えるのにね」と言ってわたしと同じ考えである ことを伝えてくれた。思わず嬉しくなる。尤もこの時、皆泣きながら骨を納めていたのにわたしと美香だけが笑顔だったので「哀しみの余り気がふれた」と思っ た人もいたらしい。
 でもいいんだ。だってわたしには希望があるから。それに向って生きるだけなのだ。恐らく美香もその想いだとわたしは理解している。
 全て骨壷に入れ終わると係の人が桐の箱に骨壷を入れて持たせてくれた。持つのは当然新太郎だ。
 先頭に新太郎が立ち、その後ろを一列に並んで火葬場を歩いて行く。前も来たことがあるが、本当に綺麗な場所だと思う。良く見なければ火葬場と思われないのではないか。
 帰りのバスに揺られてマンションに帰ると業者の方が集会場にお弁当を並べてくれていた。先ほどまでの祭壇は綺麗に片付けられていた。仕事とは言え見事なものだと思う。
 喪主の新太郎の涙を誘う挨拶があって精進落としとなった。わたしは親戚としてお客さんにお酌をして回った。それぐらいしか今は出来ない。
 こうして露ちゃんのお葬式の一切が終わった。後は四十九日の納骨だ。それまでは台を葬儀社の方で貸してくれていて、そこに骨壷と位牌を載せておく。段々とお線香立てなどを揃えれば良い。そうか仏壇も必要になるなと思った。

 ここまでは良いのだ。その後が問題だと思う。緊張の糸が切れた状態なのだが、萩原家では気を緩めている暇はないのだ。それは、知世ちゃんが帰って来るからだ。うん? 帰ってで良いよね?
 その日、わたしと、新太郎とお母さんが車で病院に迎えに行く。車内には赤ん坊のバスケットケースがふかふかの布団を引いて乗っている。帰りにはここに知世ちゃんが乗るのだ。
 病院で会計をして、皆にお礼を言って(本当は複雑な気持ちだが)知世ちゃんを連れてマンションに急ぐ。やっと親子で暮らせるのだ。尤も肝心な人はいないが……
 新太郎が運転をして、後席にわたしとお母さん。その間に知世ちゃんが乗っている。スヤスヤと眠っていて、一週間ぶりに見る知世ちゃんはふっくらとして、露ちゃんにとても良く似ていた。生まれた時に新太郎が「露子そっくり」と言っていたが、その通りだった。
 マンションに帰ると、お父さんがにこにこして出迎えた。初孫なのだから可愛いのは当たり前だ。今でも思うがここに露ちゃんが元気でいてくれたらどんなに良いかと思う。続きを読む

露子と新太郎  第21話

露子と新太郎  第21話

 病院に到着して、説明を受けることになった。それによると、初乳は同じ日に出産した方から戴いて飲ませたそうで、その後は人工栄養になるとのことだった。その他赤ん坊の衣類やオシメのことなど色々なことのレクチャーを受けた。
 赤ん坊は、七日後に退院出来るそうだ。つまり普通の出産した時と日時的には同じということだった。
 新太郎のマンションにはベビーベットやら何やら必要なものは全て揃っていた。その他にも色々な注意点をメモして、赤ん坊に面会をした。
  保育器の中の子は本当に赤く、目を閉じて手足をゆっくりと動かしていた。この子の母親はもうこの世にいないと思うと、また涙が止まらなくなった。いけない わ、ここに入るのに白衣を着てエアシャワーを浴びて入ったのに涙なぞ流してはいけないのだ。でも横の新太郎のお母さんを見るとやはり泣き笑いをしていた。
「知世ちゃん。頑張るんだよ」
 思わず口に出てしまった。すると、お母さんが
「そうだね。そう言ってたわね。知世か……いい名前だね」
 やっと二人の涙が止まった。

 出生証明書を貰ってマンションに帰って来て、新太郎に届け出るように言う。
「知世って名前まで決めたのだから早く届け出た方が良いよ。帰りに赤ん坊をお父さんと見てきなよ」
 そう言うと、美香が
「わたしも一緒に行っても良い?」
 と尋ねるので頷く。きっと、こうして露ちゃんの亡骸をいつまでも見ていると気が塞いでしまうのだろう。
 そうして三人は新太郎の車に乗って出て行った。テーブルの上には葬儀社の人が書いた予定表が置いてあった。
 それによると、通夜は明日で。告別式が明後日の十時から十一時、場所はこのマンションの集会場となっていた。新太郎のお母さんが
「麗子さんも親戚の席に座って下さいね」
 そう頼まれてしまったので了承する。まあ、頼まれなくてもそこに座るつもりだったのだが……
 新太郎のお母さんが
「麗子さんも昨夜から寝ていないので、奥で横になったらどう?」
 そう勧めてくれたので、雑魚寝だが横にさせて貰うと、すぐに眠りに落ちた……

 道を歩いていて、前を見ると露ちゃんだった。恐らく夢なのかも知れない。あるいは今までわたしが見ていたのが夢なのかも知れない。その露ちゃんが、後ろを振り向きわたしに
「今のままじゃ、わたし向こうに行けません。だから、向こうでとりあえずの用事が済んだらこちらに帰って来ます。それまでは宜しくお願い致します」
  そんなことを言ってその道をスタスタ歩いて行ってしまった。わたしは追いかけたが川の手前で止まってしまった。川には橋がなく、小舟があるだけだったが、 それは露ちゃんが乗って行ってしまい、もう小舟がなかったからだ。仕方ないのでそこから帰って来たところで目が覚めた。見ると、新太郎もお父さんも美香も 帰っていた。
「見て来たよ。女の子なのに露子そっくりだった。あれは美人になるぞ……露子が残してくれたせめてもの遺産だな」
 新太郎の胸中はいかばかりだろうか、わたしの想像を越えるものだろうとは思った。 続きを読む

露子と新太郎  第20話

露子と新太郎  第20話

 分娩室の前の廊下を幾人もの看護師さんが行き交って行く。部屋の中からは怒号が聞こえた。いったい何があったのだろう「緊急事態」なのはわたしだって見ていれば判る。普通のお産ではこんな事態にはならない。新太郎も真っ青になりながらも、ただ見ているしかないのだ。
 間違いない、露ちゃんか、赤ん坊(知世ちゃん)の身に何かあったのだ。わたしは嫌なことを想像してしまった。それは口に出すのも憚れるが、露ちゃんか知世ちゃんのどちらかが、命の危険にさられされていると言うことだ。嫌だ、そんなことは嫌だ。考えたくもないことだ。
 どれぐらい時間が経ったろうか、分娩室の中が静かになった。そして一人の看護師さんが中から出て来た
「萩原露子さんのご家族の方ですか?」
「はい、夫です」
 新太郎が静かに答える。
「出産は無事に済みました。女の赤ちゃんです」
 それだけを言う。何なの……出産はって……露ちゃんはどうなったの?
「赤ちゃんは、今保育室の保育器に入っています。体重は三千グラムでしたが、事情により一旦保育器に入りました。それをご承知ください。詳しいことは担当の医師から説明があります。もう少しお待ちください」
 そう言って下がる後ろ姿に新太郎が
「妻はどうなったのですか? いったい何があったのですか?」
 大きな声で叫ぶが看護師は振り向くと
「それも含めて説明があります」
 それだけを言うと元の部屋に消えて行った。
「新太郎、覚悟しなさいよ、あの感じの様子なら間違いなくどちらかに何かが、あったと考えた方が良いわね」
 わたしの言葉に新太郎は頷いて
「どんな覚悟をすれば良いのさ……」
 そう言って途方にくれた。

 それから二十分ほども経ったろうか、分娩室から看護師さんが出て来た。
「担当の医師からご説明があります。その後、萩原露子さんと面対して戴きます。どうぞ」
 やっと事情を説明して貰えることとなった。だが面対とは余り使わない言葉だ。
 案内されたのは、別の部屋で、そこには二人の医師が待っていた。
「お座りください」
 その声に出された椅子に腰掛けると、ます
「産科の陣内と申します。萩原露子さんの担当の者です。ご説明申し上げます。結果から先に申し上げますが、萩原さんは『脳動脈瘤破裂』により出産直後にお亡くなりになられました。まずこの事実をご報告申し上げます」
 最初、医師が何を言ってるか理解出来なかった。いや、しようとしなかった。そんな馬鹿なことがある訳がないと思った。
「『脳動脈瘤破裂』とはどういうことですか?」
 新太郎が恐ろしく冷静に尋ねる
「脳の血管に動脈瘤があって、それが何かの作用により破裂してしまったということです。痛みもないままお亡くなりになったと思います」
「脳に動脈瘤があるのが判らなかったのですか?」
 その質問に、産科の医師は
「こ の前の検診で萩原さんから「経口避妊薬」を使ったことがあると言われました。ごく、本当にごくまれですが、「経口避妊薬」を使うと「脳動脈瘤」が出来るこ とがあるのです。でも本当にまれで、世界でも何例というぐらいしか例はありませんが、今回はそれに当たってしまいました。出産で力んだ為だったと推測され ます。急いで脳外科の医師を呼んだのですが……」
「そこから先はわたしがお話致します。脳外科の鷹品です。わたしが連絡を受けて駆けつけた時はもう破裂した後でした。急いで処置をしたのですが間に合いませんでした。最善は尽くしたつもりです。でも助けることはできませんでした。申し訳ありません」
 そこまで言うと、陣内医師が
「せめてもの救いは、赤ちゃんが無事に出産された後に起こったことです。これが、僅かですがもう少し早く破裂していたら、母子ともに命がなかったと思われます」
 余りにも酷い、余りにもいい加減な話だと思った。そんな馬鹿なことがある訳がない。だって、分娩室に入る前に「頑張るんだよ」って言ったばかりなのに…… 続きを読む

露子と新太郎  第19話

露子と新太郎  第19話

 七月になり、露ちゃんのお腹も目立って来た。と言うよりもお腹の子が臨月で下がって来たので前にせり出して来て、特に大きくなって来たのだ。
 露ちゃんにお腹の子の性別を聞いたら、女の子だと教えてくれた。
「どうしようかと思ったのですが、やはり聞いておいた方が準備も出来ますから」
 そう言って既に新太郎の両親が色々と買ってくれているそうだ。勿論、女の子を想定した色使いのものが多い。
 それらを一々わたしに見せながら露ちゃんは本当に嬉しそうだ。もう頭の中では自分が母親になったイメージが出来ているのだろう。幸せって、こんな感じなのかと、わたしも思うのだった。
「露ちゃん。大学は休講するの?」
「そうですね。でも前期は殆んど出席出来ますし、前期の期末試験は出産から二月以上経っていますから、新太郎さんに試験の時間だけ見て戴いて、その間に受けようかと思っています」
「露ちゃん。きっと田舎からお義母さんが出て来て見てくれると思うわよ」
 わたしがそう言うと露ちゃんは笑いながら
「そうですね。でも余り甘えてばかりではいけないですから、その辺は新太郎さんとお義母さんと相談してやって行きたいです」
 そうか、きっとそんなことも、もう相談済みなのだと理解した。
準備万端用意して予定日の二十日になったが露ちゃんの体には何も変化がなかった。
「きっと初産だから遅れるのよ」
  新太郎のお母さんは田舎から出て来て、そんなことを言ってのんびりとしている。それよりも本来、女の子が欲しくて仕方なかったそうなので、露ちゃんが可愛 くて仕方ないらしい。実の息子の新太郎そっちのけで世話を焼いている。わたしは、そんな様子を見て心から良かったと思うのだった。
「りりりり、りりりり」
 いきなり露ちゃんの携帯が鳴り出した。この機種独特の着信音なのですぐに判った。何と言っても鈴虫の音色の着信音なんて他では聴いたことがない。
「はい、露子です。ああ、美香ちゃん!……まだなのですよ。……ええ、そうなんです。はい、代わります」
 どうやら、美香はわたしと話したがっていた。
「もしもし、まだなのよ。変化があればすぐに連絡するから……それよりあんた学校はどうしたの」
『もう休みですよ。嫌だなぁ~。何かあったら絶対に連絡くださいね。赤ちゃん見たいから……』
 そう言って通話が切れた。美香もソワソワして落ち着かないのだろう。全く人騒がせな赤ん坊だ。早く出て来なさいよと露ちゃんのお腹に語り掛ける。

 翌日も、おしるしが来なかったので、一度診察して貰うことにした。露ちゃんが掛かってる病院はこの辺では一番大きな総合病院で、産科から、眼科、果ては脳外科まである。何かあれば専門の医師が見てくれる手筈になっている。その点では安心なのだ。
 診察の結果、医師は
「あまり遅くなると母体にも良くないので、入院して貰って促進剤を打ちましょう」
 そう言われたそうだ。中には無痛分娩を希望する人もいるそうだが、露ちゃんは普通の出産を希望した。
「お腹を痛めて子供を授かる喜びを体験したい」
 そう医師に言ったそうだ。わたしなら……よそう、考えたくない。
 入院かなと思い始めた二十三日の夜になりおしるしが来て、陣痛が始まったと新太郎から連絡があった。
 病院からは「陣痛が十分おきになったら来てください」と言われているそうなので、まだ病院には行かないが、露ちゃんを車に載せて連れて行く時に一緒に行ってくれないかと新太郎が言うので、わたしも支度をして二人のマンションに行く。続きを読む
タグクラウド
ギャラリー
  • 夜の調理室 1 入学
  • 蛍が舞う
  • 氷の音
  • カラスよお前は……
  • テケツのjジョニー 1
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十一話  未来へ (終)
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十話  吉原格子之先図
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十九話  広重の得たもの
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十八話  広重、江戸の空を舞う