こんにちは、やっと暖かくなってきて嬉しい昨日、今日です。「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったもので、きょうから春のお彼岸です。私は今朝、家の近くなので菩提寺に墓参りに行きました。

と全く関係ない前振りですが、今日はamazonの電子書籍化の話です。
電子書籍化は今、新しいビジネスとして注目されています。
ここを訪れるかたは、殆んどご存知かと思いますが。
amazonでは無料で電子書籍にしてくれて、しかも売ってくれます。
おまけに、アメリカ等では(あるいは日本も?)販売価格の70%が著作権料でしかも価格も自分で決められる!
「俺の作品は500円だ」と言えるのです。ただし、ダウンロード料を取るそうです。
作品1MBにつき幾ら、と言う感じで課金されるのだとか……だから実際は30%程になってしまうとか……
それと日本人でもアメリカの商務省から所得税が掛かって来るそうです。
これは事前に手続きすれば回避できるそうですが、英語でやりとりが大変なのだそうです。
色々な証明書を揃えたりしてこれだけでも慣れない方は挫折するそうです。
アマゾンでかなり売れている方は殆んどやっているそうです。
逆に「売れても大した額で無いから数%の税金は構わ無い」とあえてやらない方も大勢いるそうです。

実際これで自作を販売して収入を得ている方も今や大勢います。
しかも宣伝も自分でやらないとならないので、キツいですが、
将来、これが案外主流になったりする時代が来るのでしょうか?