雑記

遅くなったノートパソコンの顛末

20140217_001 一年半程前に買ったノートパソコンが重い! 買ったばかりの頃は順調で何のストレスも感じなかったのだが、この所半年ばかり妙に重い。
 原因がよく判らないので、設定をパフォーマンス優先にしてみたり、キボードの反応を早くしてみたりしたのだが、改善されない。
 windouwsを10にアップデートしたから? とも思ったのだが、アップした直後は順調だったのだ。だからそれ以外だと思っていた。
 そう特に酷いのが文字入力が遅いのだ。元々そんなに速くない自分の入力が表示されるまで一テンポ遅れるのだ。これは意外にストレスが溜まる。昔のPC-98だってこんなに遅れることはなかった。
 おまけに、このノートパソコンのキーボードがめちゃくちゃ入力し難いと来ている。キーのピッチ幅が狭くおまけにストロークも短いので、感覚的に打てないのだ。
 それで、あれやこれやとやったのだが……果てはUSB接続のフルキーボードを買って接続した。入力の方は何とかなったのだが、速さはそのままだった。
 友人に見せたら「これはCPUの速度が遅いのでしょう。非力なんだよね」
 そう言われてしまった。確かに安物だったけど、文字の入力に支障が出るなんて考えられないと思った。

 ところがですよ、先日タスクマネージャを立ち上げて見ていると、何やら知らない常駐ソフトが動いているじゃありませんか!
 CPU使用率も何もしていないのに70%にも及んでいる。これは異常だと判断しましたよ。
 変なものをインストールした覚えは無い! ではそれは何かというとRaptr Desktop Appというもの。何の為のソフトかというと、どうやらゲームの支援をするものらしい。AMDのデスプレイドライバーを更新すると勝手に入って来るそう。自分は全くゲームはやらないのでアンインストールを実行しました。すると、完全ではありませんが、かなり速くなりました。この程度ならどうやら使えそうです。ちょっと一安心。
 
 もうAMDの乗ったパソコンは買いません!
 これ結構有名でAMDのPC使いでは有名だそうです。当てはまる人は注意してください!

今年を振り返って

 今年もあとわずかとなりました。
 いまいち年末とういう感じがしないのですが……

 今年を自分の創作活動と言う面から見てみると、思いの他良い年だったと思います。
 春に、「第9回 星の砂賞」に初めて投稿して、「過ぎ去りし日々の思い出」で審査員特別賞を戴きました。
 11月にはそれが電子書籍化されました。
 更に、秋には「第10回 星の砂賞」でまた審査員特別賞を戴きました。作品「出張料理人 雅也」
 この時は他にも作品を出していたのですが、自分としては一番可能性が低いだろうと思っていた作品でした。
 ですので、受賞出来たのが意外でもありました。
 この二つの作品はジャンルとしては同じ分野の作品だと思っています。その意味では自分の書いた作品が読んで戴いた方からどのように思われているのかが判った気がします。来年はこの幅を少しでも広げられたら良いと思っています。

他には、創作集団「共同幻想ノベルスデザイン」というところからお誘いがありまして、参加させて戴きました。
私の他は錚々たる方々ばかりですので、自分でも何故、誘われたのかは正直判らない部分もあります。
でも、色々な方々と交流して、その中から得るものがあると思いますので無駄にせずに行きたいと思っています。

来年に向けてですが、時代劇を書いてみたいですね。本格的なもので忍者なぞが登場するような奴ですね。
実は少し案は浮かんで来ています。色々と調べないとプロットも組めませんので来年はこれをコツコツとやってみたいです。

いま書いてる作品では、こちらに載せていた「落語シリーズ」を「噺家奇談」としてDノベルスノベルジムに投稿しています。続きも書いていますので、未読な方はぜひ!
 この作品はこれからも続けて行きたいと思っています。
 後は、未完で途中で休筆している「続・出張料理人 俺の名はサブ」をきちんと完結させたいと思っています。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

皆様良いお年を……  これからも更新致しますけど(^^)

「第9回 星の砂賞」 審査員特別賞受賞させて戴きました。

 10007301え~今朝の発表だったのですが、携帯小説サイト「星の砂」で
「第9回 星の砂賞」を開催していました。
 私も、薦めてくれる方がいて、参加投稿したのですが、この度、
審査員特別賞を受賞させて戴きました。
 初参加でしたので、非常に驚いています。

 参加作品は「過ぎ去りし日々の思い出」と言う作品で、少し前に書いた料亭と花柳界のお話です。
 この作品の事を正直に言うと、このブログで最初に書いたララノコンに参加した「花連荘の出来事」の後に書いた対になる作品です。
両方共、親子関係がテーマとなっています。
でも、「花連荘」は当初連載したdノベでも「なろう」でもある程度評価をして下さった方がいらっしゃいました。
 本当にありがたいと思いました。(でもララノコンでは二次審査を通過出来ませんでしたw)
 でもこの「過ぎ去りし日々の思い出」は全く評価されませんでした。
 「なろう」に至っては殆んど閲覧数も無い状態でした。
 今ここで連載している「雅也」は「なろう」でもランキング入りしたのですが……

「まあ出来の悪いのはしょうがない。ヘボはヘボだから」
 そう素直に思ったのです。
でも、薦められた時に「もう一度投稿してみようかな?」と言う気が起こり、投稿してみました。
「読者投票」でも当初は物珍しさもあってか伸びたのですが、珍しさがなくなるとパッタリと止まりました。
後は低評価のレビューが続き「ああ、駄目だな」と正直思っていました。

 そんな経緯があるので、正直、連絡を受けてた時は信じられなかった。と言う気持ちでした。
 そして、本当にありがたいと思いました。
 これを期に一層頑張りたいと思います。
 
ツイッターなどでお祝いの言葉を戴いた皆様、本当にありがとうございました。m(_ _)m

タグクラウド
ギャラリー
  • 蛍が舞う
  • 氷の音
  • カラスよお前は……
  • テケツのjジョニー 1
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十一話  未来へ (終)
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十話  吉原格子之先図
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十九話  広重の得たもの
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十八話  広重、江戸の空を舞う
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十七話  センターへ