昨日の続きのようなお話です。
今日で「氷菓三次創作」は終了致します。
明日からは別な作品を掲載します。
  

「雪になったクリスマス」

 十二月になると神山は雪の日が多くなります。積もる事は滅多にありませんが、それでも自由に表を歩く事に不自由を感じます。
 今年もクリスマスがやって来ます。今年は夫が福部さん家族を呼んで楽しくやろう、と言う提案で都合が良い二十三日に行う事に決まりました。
めぐみも守屋くんを呼ぶつもりです。
 でもどうせ次のイブには二人だけで逢う約束をしていると思うのですがねえ。福部さんの所からは沙也加さんも来ます。彼女も次の日は万人橋さんとデートでしょうねえ。里志お父さんが機嫌悪くなるのでしょうね。

 さて当日は出し物を出す予定です。それはちょっとした寸劇で、主演はめぐみで補佐が私、となっています。今日もめぐみは、当時の私の仕草の練習をしています。私も娘の頃の声が出る様に発声の練習をしています。
「ああ、もう本格的にやると難しいです。お母様はどのような躾をされていたのか、想像も出来ません」
 なんてめぐみが愚痴を言っています。
「駄目ですよ、あなたは堪え性が無いから動作に品が無いのですよ。もっと間をもって動きをすると綺麗な仕草が身に付きますよ」
 私はなるべく判る様に教えているのですが、めぐみにとっては難しいのかも知れません。

さてそうこうするうちに、十二月も二十二日になりました。私とめぐみで明日のクリスマスの料理の準備をしています。今年は鶏の丸焼きも作りましょう。下ごしらえとして内蔵を取った鶏にスパイスを刷り込み、味をなじませます。
 それから、お父様とお母様にお刺身なんかも用意します。オードブルも作り、みなさんに一杯食べて貰います。
「おーい、シャンパンはこのぐらいで良いか」
 夫が裏口からカゴ一杯のシャンパンを運んで来ます。
「冷やすのは雪があるからいいか。表に出しておけばキンキンに冷えるけどな」
 夫も珍しく明日の事が楽しみの様です。
「守屋くんにはちゃんと言いました?」
 私はめぐみに訪ねると
「はい、明日の三時からなので、その前には来るという約束になっています」
「それから、あれの準備はできました?」
「大丈夫です!仕草も今回は完璧に覚えました。それから順番ですが、おばさまの後がおじさまですね?」
「そうね、あれでね麻耶花さんは結構恐がりだから、効果があるじゃないかしら」
「上手くやって、驚かせましょうね」
「そうね。何かあったら、お父様が言い出しっぺですから、お父様に責任を取って貰いましょうね」
 会の始まりを午後3時としたのは、明日は夜遅くなると雪が降ると予報で言っていたからです。
それに次の二十四日は皆さんお仕事があったり学校があるので余り遅くまでは出来ませんから開始を早くしたのです。クリスマスには雪はつきものですが、なるべくなら明日は降るのを遅れて欲しいものです。

 翌日となりました。今の処お天気も持っています。午後二時少し前になり、福部さん一家がお見えになりました。
「やあ、千反田さん。お招きに預かり参上しました」
 里志さんの陽気な声が響き渡ります。
「ちーちゃん、何か手伝う事があると思い、少し早く来たんだ」
「それから、これ、今朝私と沙也加で作ったクリスマスケーキ、後で皆で食べよう!」
 そう言って差し出されのはとても大きなケーキでした。
「ちょっと見せて貰っても良いですか?」
 箱を開けてみると、サンタさんやトナカイさんが可愛く書いてあります。
「うわぁ~凄いですねえ!こんなに凄いのを作るのは大変だったでしょう?」
「うん、まあ、沙也加と二人掛かりだから、割合平気だったの」
 ありがたく、頂戴して冷蔵庫にやっとの思いで仕舞います。
「僕も何か手伝う事は無いかい?」
 里志さんが嬉しそうに言ってくれます。
「すいません。じゃあ、大広間で夫が飾り付けをしていますので、見てやって下さい」
「オーケー簡単な事だね。早速行ってきます!」
 そう言って里志さんは大広間に消えて行きました。続きを読む