次作小説

心の食堂  第二十話  心の春

 満月の夜に、ひっそりと店を開く食堂、人呼んで心の食堂という……。

 満月の晩に限らず、店が開いている限り、やって来たのが浩二と満代の二人だ。今夜も店に訪れると、まさやは何も言わずに笹の葉を敷いた青磁の皿に見事に焼けた鯛を乗せて出して来た。

「おめでとうございます! 正式に婚約なされたのですね。結納を交わしたのですか?」

 突然の事に二人共戸惑ってしまった。確かに、以前二人で結婚の約束をした事はまさやに伝えたが、正式な婚約のことは言ってはいなかった。だから、今夜突然、それも二人が姿を表わすといきなり鯛が出て来たことに驚いたのだった。

「どうして、僕達が正式な婚約をしたことが判ったのですか?」

 浩二が首を傾げながら言うとまさやが

「だって、満代さんの左の薬指を見れば判りますよ」

「よく光って満代さんにお似合いですよ」

 まさやとさちこがにこやかな表情で述べると

「あ、そうでしたか! 嬉しくてデートの時は付けているのです。その他は大事なものだからしまってあります」

 満代の言葉に浩二が

「無くすと困るから置いて来い、って言ってるんですけどね」

 言いながら、満更でもない顔をする

「おめでとうございます!」

「ありがとうございます!」

「正式な結納をなさったのですか?」

 さちこの質問に浩二が

「はい、最近はやらない家が多いそうですが、やはり僕は昔ながらのやり方にしたくて……それに、そう思って貯金もして来ましたから」

 言いながら満代の顔を見た。

「私は、どっちでも良いって言ったのですが、浩二さんが、どうしてもって言うので……それにウチの両親も喜んでいましたし……」

 満代は本当に嬉しいのだろう。左手の薬指にはめた指輪を慈しむように眺めていた。

「今夜は、おめでたい料理にしましょう。ウチからのお祝いの代わりです」

「あ、ありがとうございます!」

 礼を言ったかと思うと、目の前に前菜が出された。

「煮貝と雲丹の取り合わせです」

 さちこの説明に目の前を見ると、黒い扇型の皿に半円を描くように、スライスされた鮑の煮貝が並べられている。その中心には黄色い雲丹がこんもりとの乗せられている。松葉が二本、雲丹から鮑に差し掛かるように添えられている。

 満代は箸で煮貝を摘んで口に運んだ。鮑の旨さが濃縮されたような味が口いっぱいに広がる。柔らかく煮えた鮑は数回噛むと口の中から余韻を残して消え去った。

「……煮貝って、こんなにも旨味が濃縮されていたんですね!」

 満代が感激した感じで感想を述べるとまさやは

「今度は鮑に雲丹を乗せて食べて見て下さい。新しい味だと思いますよ」

 不思議なことを言うものだと浩二は思い、その通りにする。すると、鮑の旨味を引き立てるように雲丹の濃厚な感触が口の中で広がった。

「ああ、これは海の中だ。この口の中に海が広がってる!」

 浩二が何処か遠くを見つめる目で感想を述べると満代も

「ほんと! 海の恵みを感じるの!」

 そんな感想を言って浩二に賛同した。

 食べながらも浩二はあることに気がついた。

「もしかして、これは、別々な二人が家庭を持って、新しい家族になる象徴みたいな料理なんですね?」

 「まあ、ちょっとはそんな事もあります。さ、次の料理です」

 まさやが、そう言って、さちこが運んで来たのは、子持ち昆布を細く切り、三杯酢で和えてたものだった。

「これも美味しい! つぶつぶ感がたまりません」

 満代が感想を言うと、浩二も

「本当、縁起の良い物ばかりですね」

 そうまさやに伝えると

「まあ、特別な献立ですから」

 まさやが、そんな事を言って次の料理に取り掛かる。次は刺身だった。

「やはり、このような時は鯛ですね。これは天然の鯛の昆布締です。それに牡丹海老とこの時期ですので鰹にしました。鯛の赤は、神様が好む色、邪気を祓う色とされています。そんな意味もあります」

 浩二は鯛の昆布締めの見事さに驚いた。これほどのものは未だ食べたことが無かった。大抵は昆布の味が勝ってしまうか、逆に鯛の味が濃厚過ぎてしまうことが多かったが、今夜のはバランスが取れていて、両方の味が絡み合って旨味を増してした。

 次は揚げ物だった。車海老二本がそれぞれ紅白の真挽粉がついて揚げてあった。

「軽く塩味をつけていますが、添えてあるかぼすを絞って食べてください」

 これも天麩羅とは違って新しい食感だった。そして、ご飯が出された。あさりの炊き込みご飯だった。具材の中に生姜が入っていてあさりの味を引き立てていた。手毬麩と湯葉、それに三つ葉が入った吸い物が添えられた。

 最後はバニラと苺の二食のアイスクリームだった。どれも、他では食べられないと浩二も満代も思った。

「如何でした?」

 食べ終わると、まさやが感想を聴きにやって来た。

「はい、どれも細部まで神経が行き届いて、本当に美味しかったです。それに今夜のは料理ひとつひとつに意味があるのでは無く、献立全体を通して意味があると感じました。違っていましたか?」

 浩二の言葉にまさやは、

「そうです。それがお判りなら、お二人はきっと素晴らしい家庭を築かれる事でしょう。どうか、私達の分も幸せになってください」

 まさやの言葉に浩二はやはりこの料理にはまさやの想いが篭っていたのだと思った。


 二人は料金を受け取らないまさやとさちこに礼を述べて、店を出た。帰りながら満代が浩二に

「私も判ったけど、今日の料理は皆、単独の味ではなく、二つの味が交わって新しい味を引き出していたのね。まさやさんはこれから家庭を築く私達に合わせてくれたのね」

 そう言って腕を絡めると浩二は

「そう、それと生前は幸せな家庭を長く築けなかった、まさやさんとさちこさんの想いも入っていたんだ。食べているうちに痛いほど判ったよ」

 そう言って満代の手を握った。

「だからと言う訳ではないが、必ず幸せになろうな」

「うん、私も頑張る!」

 夜道を歩く二人を初夏の満月が照らしていた。

氷菓二次創作  「ふぐ鍋を囲んで」

 「ふぐ鍋を囲んで」

 十二月の神山は本当に寒く、今年は雪もかなり降りました。田圃や作物を作っていない畑は積もるに任せておけば良いのですが、作業場などの家の周りの道などは除雪が必要となります。
 もう神山高校は期末試験を終えて、授業も大したことはありません。土曜の今日は、
わたしもシャベルを持って表に出て行きます。女の力ですから一度に多くは運べませんが、その分回数を増やして少しでも雪をどかします。
 その雪が退けた道を宅配便の方がやって来ました。
「千反田さん冷凍便です。冷蔵ですので冷凍庫にでもしまってください」
「ご苦労様です」
 サインをして受け取り、荷物を確認すると下関の父の知人からの「ふぐ鍋」のセットでした。そう言えば父が今朝方「荷物が届く」と言っていました。
 奥に持って行き母に見せます。すると母はすぐに荷持を解き中身を確認します。
「あら、随分あるわね。ウチだけでは食べきれないわね。どうしようかしら……そうだ、あなた、折木さんを呼びなさいな。彼なら男の子なので、沢山食べられるでしょう。それから古典部の他の二人にも声を掛けてあげなさい」
 母は、沢山あるので古典部で「ふぐ鍋」のパーティを開けと言っているのです。何と言うか、わたしが心の隅で考えていたことを判っていたようでした。そんなに顔に出ていたでしょうか……折木さんと一緒に鍋を戴きたいと……

 すぐに連絡をすると、折木さんは快くいらしてくれることになりました。
「本当に良いんだな。ふぐと言ったら高価なものだぞ。それを俺らにも分けてくれるのか? 正直、ふぐなんてろくに、いやちゃんと食べたことがないんだ。千反田、お前は食べ慣れているんだろう?」
「は い、毎年戴きますが、今年は特に多くて、何時もの倍以上戴いてしまったのです。お礼に千反田のお米をお送りしているのですが、折木さんもご存知かと思いま すが、今年はお米が安いので、父などは『安い値で売るなら知り合いに送って食べて貰った方が良い』などと言っているんです。そんな事情で少しでも食べて戴 けるならありがたいのです」
 そんなことを言って納得して戴きました。摩耶花さんにも連絡すると喜んでくれて、
「ふくちゃんと喜んで伺わせて戴くわ。大丈夫! 食べたらすぐに退散するから、邪魔はしないからね」
  そんなことを言ってくれました。わたし、ふぐを理由に折木さんと二人だけになりたいなんて……あったかも知れません。でも摩耶花さんに言われるまで意識し ていませんでした。電話で意味深なことを言われたので、折木さんのお顔が浮かんで来てしまいました。どうしましょう……

 結局、その夕方に三人の方がいらしてくれることになりました、福部さんなどは期末の結果が悪かったので、連日摩耶花さんのマンションで缶詰状態になって勉強をさせられていたそうです。
「千反田さんが誘ってくれたので生き返ったよ。摩耶花はそれはもう凄いからさ」
 何が凄いのかは判りませんが、息抜きになったのなら良かったです。夕方、陽が暮れるころに折木さんが雪道を自転車でいらしてくれました。
「市内はほとんど残ってないが、こっちは未だ残っているんだな。途中からは押して来たよ。それと、これは土産代わりだ。今夜使ってくれ」
 渡されたものを見ると何とお豆腐でした。
「姉貴の同級生が今度親の後を継いで豆腐屋になったそうなんだ。そこで普通の豆腐だけでは物足りないので、特別に製法に拘った豆腐を作ってみたそうなんだ。それを姉貴が持たせてくれたんだ。なんでも「ふぐなべ」にはぴったりだと言うことだ」
 そうだったのですか、供恵さんにも気を使わせてしまったみたいです。母に豆腐を届けると母が
「大丈夫、沢山あるから、凍ったままのを折木さんにも帰る時に持って帰って戴きましょう。家で食べて貰いましょうね」
 そう言ってくれたので、お返しが出来そうです。

  わたし達は炬燵の上にコードのついた小さなガスコンロを置きます。この部屋は壁にガスの口があるので鍋をする時はいつもこの部屋で行います。ダイニングに もありますので両親はきっとそこで食べるのだと思います。一緒にしなかったのは父が折木さんにお酒を勧めるからです。福部さんなら何の問題もなく呑んでし まうのですが、折木さんはそんなに強くありません。酔いつぶれて寝てしまったことが過去にもあるのです。勿論わたしが介抱するのを嫌がっている訳ではあり ません。むしろそのほうが……なんでもありません。
今夜は、土曜日です。少しぐらい遅くなっても良いですよね。二人だけで、寒いですが冬の夜空を眺めても綺麗だと思うのです。いけないでしょうか……

 わたしと折木さん。それに摩耶花さんと福部さんが炬燵に入ってガスコンロに載せた土鍋を眺めています。不意に福部さんが自分の鞄から
「へへへ、今日はね、ふぐ鍋に特別に合うものを持って来たんだ」
 そう言ってだしたのはお酒でした。
「『一人娘』という茨城の吟醸酒さ。これが鍋によく合うんだ」
 そう言って、四人のグラスに吟醸酒を注いで行きます。
「さあ、一口だけでも呑んでご覧」
 福部さんに言われて口に含むと、口の中に果実の香りが広がります。濃厚でトロリとしてとてもフルーティでありながらさっぱりとした風味が印象に残りました。
「これは上手いな。千反田のお米で作った吟醸酒も特別な味だったが、これもまた違う風味でいけるな」
 折木さんの言う通りでした。わたしの所のお米で作った吟醸酒とも感じが違っていて、これは女の子でも飲める感じでした。
 そうこうしているうちに鍋が煮えて来ました。わたしは折木さんの取り皿を手に取ると、煮えた鍋の具を満遍なくよそって行きます。見ると摩耶花さんも福部さんに同じことをしていました。
 わたしも自分の分をよそおうとすると、折木さんが取り皿を取って
「俺が入れてあげるよ。この豆腐も食べて欲しいからな」
 そう言って優しくよそってくれました。最近、一緒に御飯を戴くと折木さんは何時もわたしのことを気に掛けてくれるのです。とても恥ずかしいですが嬉しいのです。
「うん、旨いね。ふぐつて淡泊だけど旨味が濃厚で、本当にいい味だと思う。日本人に生まれて良かったと思う瞬間だね」
 福部さんらしい感想だと隣で折木さんがわたしにそっと耳打ちします。折木さんが持って来て戴いたお豆腐はやはり違いました。豆腐本来の甘みや旨味が濃厚でそれでいて、鍋のそれぞれの材料の旨味を吸収して更に豊かな味わいになっていました。
「このお豆腐、本当に美味しいです。供恵さんに宜しく仰ってください」
「ああ、俺もこれほどとは思わなかったな。本当に鍋に合うな」
「折木、このお豆腐屋さん今度教えて! 必ず買いに行くから」
 摩耶花さんも本気で気に入ったようです。
「ふくちゃん。呑んでばかりで食べないじゃない。こんなふぐなんて、そうは食べられないんだよ。ちゃんと食べなくちゃ」
 摩耶花さんに言われて福部さんも食べ始めました。
「うん、美味しいね。ふぐの旨味を豆腐が吸収して鍋に調和が訪れているね」
「里志は理屈はいいから食べろ」
 折木さんがそんなことを言って笑っています。わたしは、そんな折木さんの横顔を眺めながら、こうやって一緒に居られる幸せを噛み締めたのでした。

 その後食べ終わり、デザートまで済むと、片付て摩耶花さんと福部さんは帰って行きました。なんでも帰って朝まで勉強の続きをなさるそうです。
 その後、二人だけになれる期待を胸に抱いていたら供恵さんから電話が入りました。
『これから友達の家に出かけるから、わたしは今夜留守にするから、あんた今夜はえるちゃんの家に泊めて貰いなさい』
 何とそんな内容でした。
「そういう訳で千反田今夜一晩泊めて貰えるか」
 無論嫌なはずがありません
「はい、喜んで!」
 これで、今夜はずっと一緒に居られるかも知れません。そんな淡い期待で胸が一杯になりました。
 今夜は甘い夜になりますように……

 了

即興小説 「少しだけ悪いことしてますか?」

「少しだけ悪いことしてますか?」

昨日に続いて「即興小説」です。お題は「漆黒の闇に包まれた軽犯罪」でした。

「ここだけの話だからいいか」
 晴香は僕の顔を見ると少しだけ嬉しそうにほほえむ様に笑うと
「わたしねえ、ちょっと悪い子なんだよ」
 そう言って片目を瞑った。ウインクのつもりなんだろうか? だとしたら全く似合っていない。それに、晴香の言う悪いことって、どうせ大したことでは無いに決まってる。この前だって
「あたしの秘密教えてあげる。絶対に誰にも言っちゃ駄目だよ」
 そう何回も念を押すので、どんな事かと思っていたら
「わたしねえ、シャワー浴びながらオシッコしちゃうんだ。誰にも言っちゃ駄目だからね」
 何の事は無い。そんな事誰だってやってるだろうと言ったら椅子から飛び上がる程驚いて
「ウソー! じゃあ、しんちゃんもやってるの? 何だか幻滅するぅ~」
 大きなお世話だ。別に晴香に幻滅されたって構わない。元からそんな関係ではないはずだ。第一僕と晴香は幼稚園の頃からの付き合いで、お互いにオシッコやうんちを漏らしたのを散々見てきた関係じゃないか。今更、シャワーを浴びながらオシッコしたって構わないと思う。

 だが、そんな悠長な事は言っていられなくなった。前世紀からの環境破壊は今世紀に入っても止む事は無く、今だに続いている始末だ。政府は水資源確保のために、シャワー禁止令を出した。大量の水を使って体を洗う事は重大な犯罪となったのだ。勿論お風呂も禁止されたし、洗濯も水を使わないドライクリーニングが家庭にも導入された。水は飲み水と料理以外には使われなくなった。
 ではトイレはどうなったのか? それは用をたすと便座の下の空間が閉まりそこが真空状態になる。そして一瞬のうちに微細に粉砕されて下水に流れて行くのだ。ここで下水と書いたが、今や水が流れている訳では無い。従来の用語で下水と便宜上言ってるだけなのだ。実際はパイプが接続されてそこに流れて行く。衛生的と言えばそうかも知れない。
 でも、人は長年行って来た、シャワーを浴びながら用を足すと言う快感を忘れる事は出来なかった。『自分は善良な市民だが、ちょとだけ、ほんの少しだけ悪い事もしていますよ』と言う妙な快感を忘れる事はできなかった。言わば、わざわざ軽犯罪を犯す喜びとも言えようか。それは人の心の闇なのだろう。漆黒の闇に包まれた軽犯罪。それを犯す事で精神のバランスを取っているのだと僕は思った。
 
 そんな時だった。晴香が妙な事を言い出した。
「ねえ、しんちゃんも、その昔はシャワーを浴びながらオシッコしていたのでしょう? どうだった。妙に気持ち良かったでしょう?」
 晴香に言われなくても、それは事実で、あの時は晴香の手前粋がって見せただけだ。
「実はねえ……絶対秘密だよ。これは今や非合法だから言ったら駄目だからね」
 春香にしてはやけに言い方が慎重だ。
「何だい非合法って?」
「あのねえ……隠れ会員の秘密倶楽部って言うのがあって、そこに入会すると、シャワーを浴びながらオシッコさせてくれるのよ。今や凄い人気で、入会するのに順番待ちなんだって。どう、しんちゃんも入らない? わたしは、とっくに入っているわよ。気持ちいいわよ~ セックスなんか問題外よ。今なら、わたしの口利きで待たなくても入会出来るわよ」
 やはり晴香は犯罪に手を染めていたのだ。今や晴香の魂は漆黒の闇に包まれているのだ。本当なら僕はここで晴香とサヨナラするべきだったのかも知れない。でも気が弱い僕は誘惑に勝てなかった。
「そこに入るには幾ら費用がいるんだい?」
 僕の口から出た言葉はそんな弱々しいものだった。
「入会金が5000円で月会費が3000円よ。プレミアム会員は10000円だけどね」
「プレミアム会員って何が違うの?」
「バスタオルやフェイスタオルが使い放題。これ、ちゃんと水で洗ったタオルよ。これだけでも凄く魅力的でしょう。しかも、1回の制限時間が一般会員は15分なのにプレミアム会員は倍の30分。その時間だけオシッコし放題よ。どう魅力的でしょう」
 晴香の言葉は僕にとっては悪魔の囁きに近かった。結局僕はプレミアム会員に登録してしまった。晴香の口利きだったので、入会金が免除だった。

 それからの僕は毎日幸せな日々を送っている。あの秘密倶楽部のおかげで、イライラや怒りなどから開放されて楽しい毎日が過ごせている。軽犯罪バンザイさ。
 そうさ、人は何処かで心の平静を保つのだから……


 了
 
 
タグクラウド
ギャラリー
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十一話  未来へ (終)
  • 浮世絵美人よ永遠に 第二十話  吉原格子之先図
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十九話  広重の得たもの
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十八話  広重、江戸の空を舞う
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十七話  センターへ
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十六話  蔦屋の狙い
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十五話 北斎と広重
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十四話 二人の新居
  • 浮世絵美人よ永遠に 第十二話 夜の吉原