昨日までの暖かさは影を潜め、今日は朝から寒い雨が降っています。こういう時に風邪等をひきやすいと思いので皆様ご注意をしてください。

 今日は、タイトル通り、人称の書き分けについて考えてみたいと思います。

 人称によって書き方が変わり、その内容さえ変えてしまいますのでとても重要な事です。
 まず、1,2,3人称と言う様に分けられると思うので、それぞれについて書いてみます。

 一人称は、一般的に登場人物の視点で書いた文章のことですね。

 ひとりの登場人物の視点から、物語を最初から最後まで書くので、感情表現が書きやすく、風景の描写等も分かり安く書けるので、初心者の方におすめと言われています。

 ただ、主人公が見たり聞いたり、経験していない事は書く事ができないので、その様な場面は書けません。

 逆にこの点を利用して推理小説ならトリックに使えます。叙述トリックなどに向いていますね。


 次に二人称ですが、これはあまり小説としてはありませんが、たまに見かけます。いわゆる、「あなたは……」と言う形で話が進められますが、この形式で話を膨らませるのは難しいと思います。

 一人称小説以上の感情移入ができる点や主人公と自分の同一化などができます。
 二人称で書くことで、あたかも読者自身が物語の世界に存在しているような感覚を書き込む事が出来ます。

でも難しいです。


そして三人称です。これは二通りあります。神視点と多視点です。

まず、神視点ですが、作者が語り手となって、物語が進むストーリーです。

異世界や宇宙や海底など、生身の人間が通常は見ることができない視点から、情景の描写が可能になります。

欠点としては、作者の視点に立った第三者的な文章なので、キャラクターに感情移入しずらいと言う事です。

 次に多視点ですが、同じ三人称でも神の視点とは違って、文章の主体は登場人物になりますので、ところどころ感情的な文章も書くことができます。

 三人称の特長としては、一人称では書けない場面も書ける事で物語に膨らみを持たせる事が出来、創作の幅が広がる事ですね。


 それぞれの小説にあった形式で書いて行きたいですね。