今日は、小説を書く時に何を使って書いているか、使いやすいソフトはあるのか? と言う視点で書いてみたいと思います。

かなりの方が、マイクロソフトのワードかオープンオフィス等の互換ソフトで書いていらっしゃると思いますが、
私はテキストエディタで書いています。理由は軽快に動く、立ち上がりが早いからですが、そのテキストエディタを紹介してみたいと思います。(秀丸エディタ等のシェアウエアもありますがフリーの中からと言う事で)

TeraPad―  軽快に動作するフリーのテキストエディターで、行番号やルーラーの表示、クリッカブルURL、アンドゥ・リドゥ機能など、Windows標準のメモ帳には ない多くの機能を備えています。
起動時にIMEを自動的にONにする機能や、行頭・行末の禁則処理まで設定できる折り返し機能、最後の 操作を取り消して元の状態に戻せるアンドゥ機能などがあり私も使っていますが非常に使いやすいソフトです。

VerticalEditor― 作文やシナリオなど、縦書きで文章を書くことに特化した無料エディターです。標準で背景に原稿用紙が表示されているので、原稿用紙に書き込むように文章を 入力し、ルビ(ふりがな)をふることができます。印刷時に原稿用紙のマス目などをそのまま印刷することができるので提出用にダウンロードして使うことも出来ます。
VerticalEditor HP
 

DF (でふ)―2つのテキストファイルの違いをチェックし、結果を分かりやすく表示してくれる差分比較ツールです。比較できるファイル形式は、TXTやHTML 、XMLなどのテキストファイルです。差異のある箇所はハイライト表示されるので、どこに違いがあるかすぐに分かります。テキストファイルを修正後に、ど こを修正したのか分からなくってしまった時に便利で推敲用に持っていたいですね。

Story Editor―文章の構成をサポートするアウトラインプロセッサです。文章やプレゼンテーションを作成するとき、アウトラインプロセッサで骨組を作ってから肉付けをして いくとまとまりが良くなります。Story Editorは文書内の節や章を階層で管理し、移動も自由にできるアウトラインプロセッサです。長い文章やプレゼンテーション、レポートなどを作成すると きに活用するとよいと思います。仕事と兼用で使えるので、慣れているかたにはお薦めです。

Manuscript Counter―PC上のテキスト量を原稿用紙の枚数に換算してくれる文字カウントツールです。テキストの文字数や段落数を計算し、原稿用紙なら何枚に相当するか教えてく れます。原稿用紙特有の記入のルールにも配慮されているので、カウントは正確です。テキストエディタで下書きをして、原稿用紙で清書をするという人にお勧 めです。応募する時などに便利ですね。

他にも色々とありますが、面白いものを紹介しましょう。これも小説を書く事に特化したエディタですが、その機能が面白いのです。
ArtOfWords―プロットの作成から時系列の出来事や登場人物の特長等の情報も漏れなくエディタに保存しておく事が出来、きちんとプロットを作成してから書き始める方に向いています。私も使っています。
  • 日本語の無料ソフトで、小説に特化したエディタを探している。
  • シーンやアイデアを突発的に思いつき、箇条書きすることが多い。
  • 自由過ぎるものより、ある程度枠組みがある方がいい

と言う方に向いています。詳しい使い方が載っています。


と色々とありますので、自分の用途にあったエディタを探してみてください。



追記……OpenOfficeで原稿用紙等の設定をしたい方はこのブログが詳しく書いていらっしゃいます。参考にしてください。記事はリナックスのものですが、Windowsでも同様です。
あの山のむこうに


追記2……テキストエディタの「Mery」と「smoopy」です。
  smoopy……テキストをページ単位で縦書き表示出来るので校正や自分の書いた文章をチェックするのに役立ちます。私も使ってみて重宝しています。
 Mery……Mery では日記、恋文、新聞記事、ソースコードなどのあらゆるテキスト文書を簡単に編集することができます。また、HTML、Java、PHP、SQL などの様々なプログラミング言語の色分け表示も可能です。
デスクトップにウィンドウが散乱するのを防ぐためのタブ機能、キーボードの操作を記録できるマクロ機能、入力中の単語の候補を表示する入力補完機能など、多くの便利な機能が搭載されています。シンプルさけど多機能といった感じです。

まだ、まだ良いのがあればここでご紹介します

追記3……最近?良いのを見つけました。

TATEditor……インストール不要でしかも縦書専用です。フォントの種類や大きさも選択出来ます。
          縦書きで文章が書けるエディター、メモ帳感覚でも使える動作軽快に動作します。表示方法やアウトライン機能など便利な機能が搭載されています

サクラエディタ……日本語に対応し、基本的なテキスト編集機能から文書整形、キーマクロ、矩形選択、インクリメンタルサーチ、grep、入力補完、自動バックアップ など非常に幅広い機能と軽快な動作を両立しているのが魅力です。Shift_JIS / JIS / EUC / Unicode / Unicode BE / UTF-8 / UTF-7 といった文字コード(多言語)に対応しています。日本発のテキストエディターで、変換なども含め日本語が問題なく表示できることが大きな魅力です。プログ ラミングなど開発現場はもちろん、日常の文書作成にも活用できます。

追記4……知人に良いものを教えて戴きました。

winMerge……テキストファイル間、あるいはディレクトリ間の違いを視覚的に表示し、統合することのできるWindowsツールです。Unicodeサポート、柔軟なシ ンタックス色分けエディタ、Windowsエクスプローラへの統合、正規表現によるフィルタリング、行単位でのdiffと行中のdiffなどの機能が利用 できます。
https://osdn.jp/projects/winmerge/……評価など