その電話は、暮れも押し詰まった十二月の三十日に掛かって来た。受話器を取り上げると電話の主は千反田だった。
「もしもし、折木さんですか?」
「はい、折木ですが……千反田か?」
「あ、はい。良かったです」
「どうした。何かあったのか?」
 昨年は元旦の夕暮れに一緒に初詣に荒楠神社に出掛けた。千反田の家の使いがてらとは言え元旦から一緒だったことは間違いない。その時の事件については、改めて語る事も無いだろう。
「いえ、特別な事は無いのですが、元旦は何かご用事がありますか?」
 昨年に続いて家の使いのついでに一緒に荒楠神社に初詣に行かないか? という誘いだと思った。正確には今年なのだが便宜上昨年と記す。
「特別な用事はないぞ。やどかりの生体模倣をする以外はな」
「やどかりの生体模倣ですか。わたしも一緒にしても良いですか?」
「は!?」
「冗談です。まさか折木さんのお宅で、一緒にそんな事をする訳には行きません」
 千反田がこんな冗談を言うのは珍しいと思った。
「実は、昨年に続いて一緒に荒楠神社に初詣に行って頂けないかと思いまして」
「ああ、いいぞ。どうぜ暇だからな。時間は昨年と同じか?」
「いいえ今年はお昼ごろなんです」
「昼ごろ? お昼には来客の相手をしなくてはならないのでは無いか?」
「今年は少し様子が違うのです。詳しい事は電話では……」
 何か事情がありそれが千反田家の事柄に絡むなら電話口で軽々しく言えはしない。
「判った。事情は当日訊こう」
「ありがとうございます。そうして頂けると助かります」
 電話の向こうで千反田が頭を下げた気がした。結局、お昼ごろの時間を約束して電話を切った。待ち合わせ場所は昨年と同じ荒楠神社の石段の下にした。その方が判り易いからだ。昼なら昨年よりも人の数は多いに違いない。下手な場所で待ち合わせをしたら間違いが起きる可能性もあると思ったからだ。
 年が開け元旦となった。今年は姉貴が家に居る。二日から仕事だからだ。海外相手なのでのんびりと正月を過ごす時間は無いそうだ。俺は姉貴の冷やかしの言葉を背に受けて家を後にした。
 荒楠神社まではゆっくりと歩いても二十分ぐらいだ。通常なら十五分もあれば到着する。正直俺は、今年は千反田がどのような着物姿で現れるか楽しみだった。
 荒楠神社に到着して腕時計を確認すると約束の時間までは少し間があった。今日は穏やかな天気で風も無いので幾分か楽だった。しかし、そこは神山。東京などよりかなり気温が低いのも事実だった。トレンチコートの襟を立てて寒さを避ける。
「お待たせしました」
 その声に振り返ると、千反田が立っていた。薄いピンクの地に白い梅の花が描かれた着物に朱の帯をしていた。帯にも柄があるみたいだが判らなかった。そして昨年と同じように羽織を着ていて、その色地は明るいグレーに僅かに赤みがかった感じの色地で、後で霞色と言うのだと知った。柄は特になく恐らく千反田家の紋が入っていて所謂「紋付き」と呼ばれるものだった。
 シックな感じながらも着物の柄が映えて千反田の存在を一際輝かせていた。袖は振り袖ではなく普通の長さの袖だった。今年も着物姿の千反田を見る事が出来て嬉しかった。見惚れるという言葉があるなら、それだと思った。
「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します」
 千反田がそう言って頭を下げる。俺も
「おめでとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します」
 そう返事をする。
「今年の着物も良く似合ってるな」
「ありがとうございます。今年も小紋です。江戸小紋なんですよ。似合っているかどうか自信が無かったのですが、折木さんに褒められて嬉しいです」
 アップした髪のせいでハッキリと見えるようになったうなじが本当に色っぽく、真っ赤に染まっていた。
「あまり見つめないで下さい。嬉しいのと恥ずかしいので混乱してしまいます」
 千反田はそう言っていたが満更でもなさそうだった。
「その酒を持とう」
 そう言って千反田が下げていた包を受け取った。
「ありがとうございます。何だか時間以外は昨年と同じですね」
 千反田はそう言ってニコニコしている。一緒に石段を登りながら
「来客の相手はしなくても良いのか?」
 俺は普通の質問だと思ったのだが千反田の口は重かった。
「そうですね。結果だけ見れば何でも無いのです」
「どういう意味だ?」
「元旦の来客ですが、午前中は親戚が中心です。父は親戚には、わたしが家業の農業を継がないと知らせました。だから新年の挨拶でもその事に触れる者はいません。でも午後からは親戚以外のお付き合いのある方が中心です。噂を聞いて必ずその事に話しが及ぶと思うのです。そこに、わたしが居たら両親も困る事になります。だから家のお使いという用事で出かける事になったのです。わたしがその場に居なければ、その事に触れる事も少なくなるとの考えなんです」
 そうか、何か事情がるとは思っていたが、正式な後継者なら来客の相手もしなくてはならないが、そうで無ければ、その場に居る必要は無いという事だ。しかし、それで良いのだろうか? それが正しいのだろうか?
「父はわたしの事を考えての事だと思っています」
 理屈ではそうだろうが、俺は何かスッキリしないものが残ったのだった。 石段をゆっくりと登って行くと千反田が酒を持っていない方の手に自分の指を絡ませて来た。
「もし折木さんが転んだりしたら大変ですから」
 頬を赤くしてそんな事を言う。俺は千反田がいじらしくなってしまった。『お前は跡継ぎでは無いのだから家で来客の相手をしなくても良い』と暗に言われたのと同じだからだ。
しっくかりと指を絡め合う。出来ればこんな家の用事の物なぞ放り出してこの石段のお踊り場で千反田を抱き締めたかった。
「折木さん。本当にこれからも宜しくお願いします」
「当たり前だろう。どんな立場になってもお前に変わりは無い。俺は相手の立場で付き合いを変える人間じゃ無いと自分では思っている」
「それは判っていたのです。信じていました。でも実際にこう扱われると……」
 恐らく千反田の心にはポッカリと穴が開いてるのだろう。俺の力でそれを少しでも埋められれば良いと思った。
 石段を登りきり拝殿に向かう。二拍二礼をして参拝を済ませる。千反田は色々な事をお願いしたのだろう。俺は今までは特に考えなかったが、今年は違った。今年は千反田の行く末に幸あれと祈ったのだった。
「今までは色々な事をお願いして来ましたが。今年は一つだけにしました」
「ほう何をお願いしたんだ?」
 俺がそう尋ねると千反田は顔を真赤にして
「それだけは言えません」
 そう言って首を左右に振った。うなじ迄が真っ赤になってるのも良いと思った。
 その後社務所に趣き、新年の挨拶をした。これは昨年と同じだったが、来た時刻を見て十文字には大凡の事が判ったみたいだ。
 十文字は俺だけを呼び寄せると小声で
「折木くん。えるをしっかり支えてあげてね。あの子には君しか居ないから」
 俺にそう言った。やはり事情が判っていたのだ。俺も
「判った。元よりそのつもりだ」
 そう言って自分の考えを述べた。
 帰りの道すがら
「このまま帰れないのだろう。何処かで時間を潰して行くか」
「そう出来れば助かります」
「じゃあウチに来るか? 今日は親父も姉貴も居るがな」
「供恵さんがいらっしゃるのですか、それにお父様も居るならご挨拶したいです」
 千反田は嬉しそうに言う。
「お前はウチの姉貴をどう思っているんだ?」
「そうですね。とても聡明で広い考えの持ち主で素敵な方だと思います。あのような方なら姉になって欲しいです」
「そうか、お前は弟か姉が欲しかったんだっけな」
「はい。供恵さんなら最高です」
 そんなものか。俺にとっては悪夢だがな。
「折木さん寒いですね」
 千反田がそう言って俺の左腕に絡みついて来た。最初はそのままにしていたが、その腕を解いて、千反田の肩を抱いて自分の方に引き寄せた。
「おれきさん……」
「千反田。俺は微弱な力しか無いが、お前を守りたいんだ。どんな事があってもな」
 それを聴いた千反田は最初は驚いて俺を見つめていたが
「嬉しいです! わたしも、この腕を放したくありません」
 それは俺も同じ気持ちだった。誰も通らない道の影に二人で行き、千反田の華奢な躰を抱き締めて、そっと唇を重ねた。二人の上空には冬晴れの空が広がっていた。

                   
                     <了>